6970円 ガメラ対大魔獣ジャイガー デジタル・リマスター版 [DVD] DVD 日本映画 特撮 [DVD],uavbd.com,6970円,DVD , 日本映画 , 特撮,/benzofuryl564970.html,デジタル・リマスター版,ガメラ対大魔獣ジャイガー ガメラ対大魔獣ジャイガー 本店 デジタル リマスター版 DVD ガメラ対大魔獣ジャイガー 本店 デジタル リマスター版 DVD [DVD],uavbd.com,6970円,DVD , 日本映画 , 特撮,/benzofuryl564970.html,デジタル・リマスター版,ガメラ対大魔獣ジャイガー 6970円 ガメラ対大魔獣ジャイガー デジタル・リマスター版 [DVD] DVD 日本映画 特撮

ガメラ対大魔獣ジャイガー 国産品 本店 デジタル リマスター版 DVD

ガメラ対大魔獣ジャイガー デジタル・リマスター版 [DVD]

6970円

ガメラ対大魔獣ジャイガー デジタル・リマスター版 [DVD]

商品の説明

内容紹介

●待望のHDマスターからDVD化!お求めやすい各2,800円でリリース!

内容(「Oricon」データベースより)

大阪万国博覧会に展示されるウェスター島の“悪魔の笛”と呼ばれる巨大石像を追って、大魔獣ジャイガーが大阪へやって来た。迎え撃つガメラはジャイガーの卵を体内に産み付けられたために幼虫に血を吸われ半透明化してしまう。子供たちの活躍でピンチを脱したガメラは、大阪万博会場でジャイガーと対決する。「ガメラ」シリーズ第6作。「日本映画DVD ¥2,940(税込)コレクション」対象商品。

ガメラ対大魔獣ジャイガー デジタル・リマスター版 [DVD]

製作は1970年で舞台は大阪。開催直前だった大阪万博の工事中の会場の様子が映し出されます。懐かしい各パビリオンや試運転中のモノレール、映画はその時代を記録する大きな意義があり、これらは大変貴重な映像です。連れて行ってくれた父が「面白かったな」と心から言っていました。おそらく童心に帰っていたのでしょう。しかし、東宝の怪獣映画や『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』を見ていた当時の私には、物足りなく感じました。切り詰めた予算の関係か映像もミニチュアもちゃちで、同じガメラ映画でも子供が登場せず残酷なシーンもあるハードな『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』に比べて軽い映画のように見えたし、また住民が避難するシーンはその映画の使い回しでした。しかし『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』以降の昭和ガメラシリーズや、はっきりとゴジラが正義の味方となった『怪獣総進撃』以後の東宝作品は子供向けに製作されたので、その観点からするとこちらの方が良い、むしろこうでなくてはならないと今は思います。「ガメラは僕たちの友達」と目を輝かせ、ガメラの復活・勝利を信じて疑わない純粋でまっすぐな子供心がまぶしく見えます。ジャイガーをやっつける方法を考えたという子供達、それを頭ごなしに否定する大人の姿。しかし「子供達の素朴な発想を大人の考えで否定することはたやすい事です。しかし、我々には子供のような汚れ無き知恵を求めても、それは無理でしょう」「あの二人の頭の回転の速さと行動力には大人も学ばねばならないかもしれません」と立ち止まって理解する大人達も描かれている。そしてピンチになったガメラを助けたい一心で危険を冒して小型潜水艇でガメラの体内に入る少年達。なんとも夢があるワクワクするシーンです。昔見た作品を、今の感覚でちゃちだとか子供だましだと一笑に付すか、それとも童心に帰って心から楽しめるか。こうした作品をどう見るかで、その人の心の深さ・広さ、多様性が判るように思います。大人は全ての面で子供より優れているのではない、成長するにつれて失うモノも多い。それはこの作品の最後の場面で端的に語られています。「私達は今回の事件で一つの教訓を得た。それは子供達の持っている素朴な直感と汚れ無き魂を大人になっても失ってはならないと言うことだ」と。これは今の私に大いに当てはまります。又この作品を見る機会を得て、自分を省みることが出来て良かったと心から思います。夢のある物語を苦労して製作してくださった関係者の皆様、そして見に連れて行ってくれた父に、改めて心から感謝します。
大阪万博にストレートに乗っかった作品で、オープニングから建設中の万博映像。夢のある時代だったんだなと思います。この辺りが、大映らしい生真面目な演出で展開していきます。(チェックポイント)・少年の眉毛が濃い。(!)・大村昆さん、今も昔も変わらぬ芸風、さっき「赤い霊柩車」を観たばかりなもんで。・炎三四郎というスゴい芸名の好青年、仮面ライダーXの速水亮さんです。・音楽は菊池俊輔さん、菊池カラー全開で、ドラえもんを感じさせます。・ジャイガーの顔のデカイことデカイこと。ガメラの3倍以上はあります。例によって、アイデア満載の大映怪獣です。・ガメラのレントゲン写真(!)・記録映画に出てくる、象の鼻に寄生した虫の画像(!)これは驚きです。・ジャイガーに寄生されたガメラが、頭と前足が半透明になってしまう(!)骨までシルエットで見えます。・・・とまあ、この後にも驚異の展開が待っております。懐かしさと同時に新鮮さも味わえるでしょう。おすすめの作品です。
小学校時代に東映で見ました。ガメラシリーズでは一番スリリングと感じる作品で気に入ってます。日本が高度成長時代1970年に大阪吹田・日本万国博覧会が開催され、その会場や大阪の街で対決シーンは破壊されていくがジャイガーがカメラの肩に卵を産み付けるところは…ちょっとグロ。(象の鼻に寄生した幼虫が出てくるシーンは怖きもすぎと学校で話題になったことも)そして弱り切ったガメラを助けに子供が体内に入るという設定でわくわく感あります子ジャイガーが表れて頭がでかすぎるのはちょっと笑いも怖さもありますが意外に簡単に死んでしまうところがガメラ映画ぽいかな。ガメラ独特の血液の色のイメージがとてもエキセントリックでなんで緑と紫なんだとこれまたエキセントリックです(笑)昭和ガメラの御意見番ありながら私にとって一番の怪獣ものでしょうか。
ただただ懐かしい。大阪万博や5円引きブロマイド思い出しますね今の時代なら子供に命掛けのガメラ体内潜入なんて目くじら立てて怒られそうだけど、おおらかさが、逆に新鮮。良き時代の雰囲気が楽しめる作品です!

場所の詳細、レビュー、写真をワンクリックで検索

最新の場所