1925円 『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray] DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス あの頃映画 店 the BEST 松竹ブルーレイ この子の七つのお祝いに コレクション Blu-ray 1925円 『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray] DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス あの頃映画 店 the BEST 松竹ブルーレイ この子の七つのお祝いに コレクション Blu-ray 『あの頃映画,[Blu-ray],1925円,松竹ブルーレイ・コレクション,BEST,the,uavbd.com,DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,この子の七つのお祝いに』,/coccinella565142.html 『あの頃映画,[Blu-ray],1925円,松竹ブルーレイ・コレクション,BEST,the,uavbd.com,DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,この子の七つのお祝いに』,/coccinella565142.html

あの頃映画 店 the BEST 松竹ブルーレイ 好評 この子の七つのお祝いに コレクション Blu-ray

『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray]

1925円

『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

lt;あの頃gt;を超える感動と興奮を、ブルーレイ・クオリティでーー
「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」シリーズ、選りすぐりタイトルが続々登場!!   
横溝正史賞受賞作を独特の映像美で描く女の情念の世界
母の遺した一枚の手形が奏でる怨念に満ちた殺しの子守歌
■lt;あの頃gt;の大作・人気作を選りすぐってお届けする「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」。ブルーレイ化が待ち望まれた<あの頃映画>を順次ラインナップ!
・新たに傷やホコリを修正するなど手を加えたブルーレイのためのHDデジタルリマスター(2015)を使用。より高画質となった映像と、リニアPCMでオリジナル音声を収録。
・ジャケットデザインには“あの頃”の気分が甦る劇場公開時のポスターアートを採用、クリアケースパッケージ(SCANAVO社製)でコレクション性を追求。
・初回限定特典には“あの頃”の気分をさらに掻き立てるロビーカード風ポストカードを封入。
・より高画質、高音質の新発売ブルーレイで税抜3,300円の低価格を実現!
■「第一回横溝正史賞」を受賞した斉藤澪の小説を映画化
■『蒲田行進曲』(深作欣二監督)と同時上映された松竹製“角川映画"の話題作!!
■監督は大映時代から日本映画史に残る数々の傑作で知られる名匠、増村保造
ストーリー
次期総理の座を狙う大臣の秘書、秦一毅(村井国夫)の家に出入りしていた池畑良子(畑中葉子)の惨殺死体が発見される。
政界の闇を暴こうと良子に接触していたルポライターの母田(杉浦直樹)は、秦の内妻で占い師の青蛾(辺見マリ)の身辺を探っていたのだ。母田は後輩記者の須藤(根津甚八)に協力を請う。
その時に初めて会ったバーのママ、ゆき子(岩下志麻)に惹かれる母田。ふたりは密会を重ねる。そんな矢先、青蛾の正体を突き止めた母田が謎の死を遂げた。
母田に代わって事件の真相を探るため、会津に向った須藤がそこで彼が目にしたのは…。
映像特典
特報(約2分)、予告篇(約5分)
バリアフリー再生機能付き ◆日本語字幕
【初回生産限定・封入特典】:ロビーカード風ポストカード
※初回限定版は数量に限りがありますので、ご希望の方はお早目にお願いします。
※初回限定版はなくなり次第、特典のない通常版の出荷になります。
※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。
≪あの頃映画BD公式HP≫ www.shochiku.co.jp/anokorothebest/

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

斎藤澪による同名小説を『曽根崎心中』の増村保造監督で映画化した本格ミステリー。政界の謎を暴こうと奔走していたライターが殺され、後輩の須藤が事件の真相を探るため会津へ向かうが…。“あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション”。

『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション この子の七つのお祝いに』 [Blu-ray]

殺人事件が、それを追うルポライターの取材とともに、真相に近づいていきます。女の情念、人間の業の深さが描かれているのですが、太平洋戦争の敗戦と絡めてあり、奥深い作品になっています。そこに、2大女優の迫真の演技があって、私の中では邦画でも評価の高い映画です。特殊効果は全くなしで、血のりも絵具っぽさが気になりますが、これも演出でしょう。昭和30~40年代に、生まれた人には、全編にわたって懐かしい風景が舞台になっています。話に登場する木造アパートも、当時はそこら中にある、当たり前の建物でした。街には、傷痍軍人がおり、病院に行くと手足の無い患者さんが普通にいた時代です。空にはP-38(アメリカの双頭の戦闘機)が飛んでいたのを思い出します。そんな私も、もう定年間近で、大学生に「お父さん」と呼ばれる年になりました。昨日まで、自分も学生だったはずと思っていたのに、ずいぶん時間も経過し、時代も変わりました。この映画を見る若い世代は、この映画のにある時代背景なんて、理解できないでしょうし、もう、こういう深くて重い映画を作ることは出来ないだろうなーと思います。
実は、私はこの映画をほんの4,5歳の頃にブラウン管テレビの放送で両親と見たことがある。最初のシーンのあまりの凄惨さから、とても子供に見せられないとテレビをすぐに消されてしまったため、タイトルもわからないしあらすじもわからなかったから、その映画を探し出しようがなかったが、怖い映画(あるいは火曜サスペンス)としてずっと心に引っかかっていた。アマゾンプライムで、岩下志麻が好きだから見てみようと思って、軽い気持ちでみたら、始まって数分してすぐにあの映画だということが分かった。古びた市松人形と針で父親の顔がブスブスにされた写真はインパクトありすぎで、小さな私にかなりのトラウマを植え付けたのだろうと思う。実際、うちの家庭も夫婦喧嘩が多かったので、余計に強烈な印象を与えたのかもしれない。あの母親は岸田今日子だったのか。。。そりゃ怖いはずだわ。しかも、まや役の子役の女の子がうちの娘に似ているのがちょっと運命を感じてしまいます。いやー。増村保造は大人になってから色々見ていて好きな監督だったけれど、本当に幼児の頃からの出会いだったのか。。。殺人のシーンのサスペンス感は今見てもすごいわ。普通の火曜サスペンスとかだと一瞬で終わるお約束のシーンなのに、この映画の最初の殺人のシーンはトラウマものの臨場感と緊張を味わえます。まさに、本物の殺人を目撃したかのような気分になれますので、必見です。
昭和の時代、テレビの月曜ロードショーでの荻昌弘さんがこう解説していました。「出番は非常に少ないが、岸田今日子が演じる母親が重要な意味を持っている」まさに岸田今日子さんの凄味が画面から伝わってくる作品です。クレジットでは目立たないところにありますが、完全に主役級の印象を与えてきます。冒頭から長い黒髪を後ろで束ね足を引きずりながら母親役で登場し、自分たちのひもじさと貧しさを父親のせいだと娘に教えます。戦後の混乱期にはこんな貧しい親子がたくさんいたことでしょう。旦那に向かって「ふふ、ふふふ、ちゃんと知ってるのよ、前の奥さんにこっそり会ってるってこと」という場面。その時の顔がこわい。このセリフなら恨めしそうに睨んだりするのが普通ですが、にっこりと笑ってます。でも目はにらみ殺す勢いの力があります。誰かこんな演技ができる女優はいるか、と言わんばかりの圧倒的な岸田さんの存在感と演技力。当時40代の岸田さんが、所々なぜか幼い娘に見えるシーンがあったりして余計に不気味さが増します。ですがどうしても憎むことができず、奥底にぬぐえない悲しさを持った女性に見えてしまう。これも岸田今日子さんの演技力の高さからくるものでしょう。結末は完全に救いようがない悲劇であり、また主役の岩下志麻さんも岸田今日子さんもある意味、犯罪を犯し自分を追い詰めてしまったのですが、この二人を追い込んだのは戦争であり、戦争は終わってからも人を追い詰め心を殺してしまう。そして人間はその殺された心で、ここまで悲しい行動に出てしまう悲しい存在なのだ、ということを見ている私たちに訴えてくる、そんな重みをもった作品だと思えるのです。そしてそれを見るものに感じさせるのが岸田今日子さんの演技のすごさにあるというのがこの映画の持つ力なのだと思います。
後味が悪いといってもミストのようなどうしようもない後味の悪さではない時代背景と女性の苦悩にあたる悲しい後味の悪さです。てか、この手の作品で必ず女性が不幸になるよな、昨今の女性軽視と叫ばれても仕方ないと思う、この作品のもとになるものは現代でも通じるものかなしすぎるそれはそうと岩下さんの演技と岸田さんの演技がぴか一、今では再現できん映画でしょう2018年後半になって初めて見たけどなくなった俳優さん方が多いいという現実にもショック受けましたorz今の俳優さんも良い人いますがこのころの俳優さんとは一線画す違いがある。時代の進行による変化だとは思うけどいろんな意味で悲しくなる映画でした。あともろにおっぱいが出ていたのが懐かしい昭和の香りがしましたw

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。