甦るヒーローライブラリー,Blu-ray,uavbd.com,アゴン,第26集,3811円,放送50周年記念企画,/coequalize564785.html,DVD , 日本映画 , 特撮 放送50周年記念企画 セットアップ 甦るヒーローライブラリー 第26集 Blu-ray アゴン 3811円 放送50周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第26集 アゴン Blu-ray DVD 日本映画 特撮 3811円 放送50周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第26集 アゴン Blu-ray DVD 日本映画 特撮 放送50周年記念企画 セットアップ 甦るヒーローライブラリー 第26集 Blu-ray アゴン 甦るヒーローライブラリー,Blu-ray,uavbd.com,アゴン,第26集,3811円,放送50周年記念企画,/coequalize564785.html,DVD , 日本映画 , 特撮

放送50周年記念企画 販売期間 限定のお得なタイムセール セットアップ 甦るヒーローライブラリー 第26集 Blu-ray アゴン

放送50周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第26集 アゴン Blu-ray

3811円

放送50周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第26集 アゴン Blu-ray

商品の説明

内容紹介

原水爆実験の影響で甦った原子怪獣・アゴンが、ウランを求めて大東京に出現する怪獣テレビ映画の元祖的作品が、
放送から50年の時を経て、HDポジテレシネにより作成したHDマスターから遂に初Blu-ray化! !


★放送50周年を記念して、遂に実現した初Blu-ray化!

★全話HDポジテレシネにより作成したHDマスターからBlu-ray化!

★HD化によりこれまで不明瞭だったシーンも暗部まで忠実に再現!


【あらすじ】
荒れ狂う台風の夜、突然海中より巨大な怪獣が出現した! 原水爆実験のショックで甦った原子怪獣は、アゴン(アトミックドラゴン)と命名され、ウラン物質を求めて果てしなき破壊の道を歩むのだった。

【キャスト】
広田進司、松本朝夫、志摩靖彦、沢 明美、入江慎也、小林芳宏 他

【スタッフ】
監修:関沢新一
脚本:内田弘三
特技監督:大橋史典
特撮:影山晴紀
美術:鳥居塚誠一
音楽:斉藤 超
制作:日本電波映画

【Blu-ray仕様】

1968年/日本/モノクロ/本編約93分/16:9/音声:リニアPCM(モノラル)/ BD25G/4話収録(第1話~4話)/ 全4話/1枚組

【封入特典】
解説書
※第1話~第3話のエンディングは原版不明のため収録されておりません。※仕様・特典内容は変更となる場合がございます

©三共教育映画社
発売元:株式会社ベストフィールド
販売元:TCエンタテインメント

※画像はイメージです。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

1968年に放映されたSF怪獣モノの元祖的作品。荒れ狂う台風の夜、突然海中より巨大な怪獣が出現する。原水爆実験のショックで甦ったその原子怪獣はアゴンと命名される。アゴンはウラン物質を求め、果てしなき破壊の道を歩み始める。全4話を収録。

放送50周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第26集 アゴン Blu-ray

当時の東宝特撮や円谷プロのウルトラシリーズなどに比べると少し見劣りしますが、アトミックドラゴン=アゴンという名前や怪獣と恐竜の中間のようなデザインなど今作にも日本の怪獣の魅力が多くあります。あとこのBlu-rayには映像特典はなく本編のみですが、封入特典にブックレットが付いており写真数枚が作品とストーリーの解説に載っているという感じです。映像特典なしでさらにオーディオコメンタリーなどの音声特典なしのブックレット付きでこの値段は少し高いのでは。とも思いましたが、数多くある特撮作品の中でもかなりマニアックな作品なので仕方ないのかもしれません。
放送年当時、生まれてはいましたが全く観た記憶がない作品でした。中学くらいからSFオタクの道を歩んできましたが、タイトルだけ知っていて未見の本作をようく鑑賞することが出来ましたwまぁ尻切れで終わった事からも、作品自体は成功したとは言えないですし、内容も特筆する所は大してありません。しかし、ゴジラ第一作をモチーフとした重くるしいテーマをストレートにTV番組で取り組んだ事は、今にして思えばものすごいチャレンジですので称賛したいですね。映像と音声がズレていたりSEが無かったりと、まるで学生が作った自主製作映画のようで、結構微笑ましいです!
来たる2018年1月の放映50周年を前に幻の大怪獣として名のみ高かった《アゴン》がBlu-rayでリリース。VHS、DVDと何故か触れる機会に恵まれず今日まで来たが、いや~、長生きはしてみるもンだ。退屈、稚拙・・・等々、ネガティブな情報が錯そうしていたので、不安がなかったといえばウソになるが。全然、OK!じゃありませんか。タイトルロゴが砕け散ったしたからご本尊たるアゴンが顔出すオープニングからイカす。大橋史典による主役のアゴン、その造形の素晴らしさ。なにかといえば低予算でオクラ入りなどイロイロ取りざたされては、いた破壊される建築物のミニチュアワークも堂々たるものである。諸般の事情で全26話の予定が、4話に短縮されたりと不遇に見舞われたシリーズではある。が、1話ごとに見せ場を配したことで、同じ時間数の劇映画と比べてもアゴンの登場シーンは長めになって、その勇姿を満喫できる。物語のキモとなる放射性物質の扱いや、人々の反応にトンデモな印象を受けるヒトもいよう。1962年製作のOO7シリーズ第一弾「OO7は殺しの番号」からして、石鹸のアワとデッキブラシでゴシゴシするだけで放射能除去できてしまったり、当時の一般的な認識のレベルを考えればイタシカタないかとも思える。21世紀の今となっては脱力せざる負えない描写は散見されど、それを補う収穫はあったと思った。
1964年のテレビ映画ならではの特撮のチープさに加え、自主制作8ミリ映画並みの主演陣の魅力の無さに呆れる。一度見れば十分。おそらく、よほど奇特な人でない限り、二度と見ない。すなわちレンタルで十分。

大学基準協会より『経営系専門職大学院認証評価』の 適合認定を取得

神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻(MBAプログラム)は、大学基準協会より『経営系専門職大学院認証の適合認定』(2019年4月1日発効)を取得しています。>>評価

専門実践教育訓練給付制度

神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻(MBAプログラム)は、厚生労働省が実施する「専門実践教育訓練給付金」制度の専門実践教育訓練として指定を受けています。>>専門実践教育訓練給付金