2688円 ダブルミンツ DVDスペシャル・エディション DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス /educatress564798.html,DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,uavbd.com,ダブルミンツ,DVDスペシャル・エディション,2688円 2688円 ダブルミンツ DVDスペシャル・エディション DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス ダブルミンツ DVDスペシャル エディション 18%OFF ダブルミンツ DVDスペシャル エディション 18%OFF /educatress564798.html,DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,uavbd.com,ダブルミンツ,DVDスペシャル・エディション,2688円

ダブルミンツ DVDスペシャル WEB限定 エディション 18%OFF

ダブルミンツ DVDスペシャル・エディション

2688円

ダブルミンツ DVDスペシャル・エディション

商品の説明

内容紹介

女を殺した。今すぐ来い―
中村明日美子原作の問題作を実写映画化。淵上泰史×田中俊介(BOYS AND MEN)W主演、内田英治監
督が描く、犯罪と暴力の中で翻弄される男たちの極限の愛憎劇。

[セールスポイント]
●少女漫画、ボーイズラブ(BL)など、その作風に多くの熱狂的ファンを得ているサブカル界のカリ
スマ・中村明日美子の衝撃的な傑作がついに実写映画化。男同士の極限までの愛憎を描く。

●主演は、今作が映画初主演となるの淵上泰史と、BOYS AND MEN(ボーイズアンドメン)のメンバー
で、俳優としても活躍している田中俊介の二人。ただならぬ男たちの関係を鮮烈に演じる。

●共演には、須賀健太、冨手麻妙、川籠石駿平、高橋和也、小木茂光が脇を固めている。

●監督は、『下衆の愛』でロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映されて話題
を呼んだ内田英治。

[内容解説]
【STORY】
「女を殺した―」ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高圧的な声の主は、
高校時代の同級生で、今はチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。すぐに光央のところ
に向かった光夫が目にしたのは、車のトランクの中に横たわる光央の彼女の麻美(冨手麻妙)の姿だ
った。
高校時代に出会った同じ“イチカワミツオ"の音の名前を持つ二人。光夫(川籠石駿平)は冷酷で高
飛車な光央(須賀健太)と、下僕として主従関係を結ぶこととなるのだった。
そして数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央。かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、逆
らうことなく共犯者となり、森の中に穴を掘って麻美を埋める。光央が麻美としていたペアリングと
ともに…。
時が経って、自分のしたことが怖くなってしまった光央はあっさり警察に自首。警察は埋めた場所を
捜索するが、何も出てこない。取調べで、虚言を吐いたと叱責される光央の前に現れたのは、一匹狼
で光央が出入りしている暴力団を監視している、マル暴の中岡刑事(高橋和也)だった…。
この事件をきっかけに、光夫と光央の関係は、やがて高校時代の主従関係でない、新しい形の関係へ
と姿を変えていく。そして警察だけでなく、光央のボスである佐伯(小木茂光)も絡み、二人はやが
て取り返しのつかない犯罪の姿へと落ちていくのだった…。

(2017年6月3日~ 全国劇場公開作品)

[特殊内容/特典]
【特典映像】※スペシャルエディションDVDamp;ブルーレイのみ
●スペシャルメイキング
●未公開シーン集
●インタビュー集 Part1
淵上泰史×田中俊介 2ショットインタビュー/淵上泰史(クランクアップ後)/田中俊介(クランク
アップ後)
●インタビュー集 Part2
内田英治監督/淵上泰史/田中俊介/須賀健太/川籠石駿平/冨手麻妙
●舞台挨拶集
・5月11日@ユナイテッド・シネマ豊洲 完成披露上映会(淵上/田中/須賀/川籠石/小木茂光/内田
)
・5月14日@丸の内・東建ホール 完成披露上映会(淵上/田中/内田)
・6月3日@シネ・リーブル池袋 初日舞台挨拶1回目(淵上/田中/須賀/川籠石/冨手/内田)
・6月3日@シネ・リーブル池袋 初日舞台挨拶2回目(淵上/田中/須賀/川籠石/冨手/中村/内
田)
・6月3日@シネ・リーブル池袋 初日舞台挨拶3回目(淵上/田中/須賀/川籠石/冨手/内田)
・6月4日@イオンシネマ長久手 舞台挨拶(淵上/田中/内田)
・6月4日@センチュリーシネマ 舞台挨拶(淵上/田中/内田)
・6月4日@109シネマズ名古屋 舞台挨拶(淵上/田中/内田)
・6月4日@シネ・リーブル梅田 舞台挨拶(淵上/田中/内田)
・6月10日@シネ・リーブル池袋 舞台挨拶(淵上/冨手/中村)
・6月28日@シネ・リーブル池袋 舞台挨拶(淵上/川籠石/川崎美海)
●予告集

【音声特典】※スペシャルエディションDVDamp;ブルーレイのみ
中村明日美子(原作者)×内田英治(監督・脚本)オーディオコメンタリー

【封入特典】
スペシャルブックレット(20ページ)

[スタッフキャスト]
【CAST】
淵上泰史
田中俊介
/
須賀健太
川籠石駿平
冨手麻妙
/
高橋和也
小木茂光

【STAFF】
監督・脚本:内田英治
原作:中村明日美子「ダブルミンツ」(茜新社刊)
音楽:小野川浩幸
プロデューサー:佐藤友彦
共同プロデューサー:山口幹雄
撮影:野口健司
照明:根本伸一
録音:甲斐田哲也
編集:小美野昌史
美術:佐藤希(山崎美術)
助監督:杉田満
衣装:深野明美
ヘアメイク:板垣美和
スチール:五十嵐和博
制作担当:齊藤光司
ラインプロデューサー:田口梓

[発売元]
映画「ダブルミンツ」製作委員会

[クレジット表記]
(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

中村明日美子の原作漫画を、淵上泰史とBOYS AND MENの田中俊介主演で映画化。高校時代に主従関係となっていた同じ音の名前を持つ壱河光夫と市川光央。時を経て衝撃的な再会をしたふたりは、やがて犯罪の世界へ墜ちていく。特典ディスクほかを封入。

ダブルミンツ DVDスペシャル・エディション

もう一度観たくなるじわじわくる作品だった。BL独特のラブやファンタジーぽさはほとんどなく、本能のまま男の生きざまがそこにあるように思いました。この二人は出会った頃から多分、最期まで一緒に生きつづける運命だったんだと感じました。‥‥‥‥‥最期、どうなったんだろう。私は原作見てないので。
話の筋が意味わかんないです…
映画化を知って原作を読んだときは「これ本当に実写化できるの!?」と思いましたが、実際映画を見てみて、すごくハマりました。女性の監督が撮ったらもっとBLっぽくラブシーンも多めになりそうですが、男性監督が撮ると非常にバイオレンスで湿っぽくて男臭くて良いです。BLという括りではおさまらない、男と男の愛情みたいなものがつまってます。共依存の関係性っていいですね。田中俊介君はかなり力を入れて役作りをされたようで、とてもハマり役です。ほんとは弱っちいのに強がってる男が似合う。何度かあるキスシーン、荒々しかったり艶っぽかったりそれぞれ非常に美しくて見入ってしまいます...また作品中に出てくるアンドロギュノスの話がこの物語をより美しくしていると思います。ダブルミンツの影響でプラトンの『饗宴』も読んでみました。こういうテイストのBLは初めてだったのですが想像以上にこの世界観にやられました。互いを思いやるふたりがほんとうに美しいです。定期的に見返してます。
良かったです!映画では観ましたが、また違った感覚で観られていいですね。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのお土産・グッズ・キャラクターグリーティング・レストランの紹介☆