ゴジラVSデストロイア 60周年記念版 DVD 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 /educatress564998.html,uavbd.com,ゴジラVSデストロイア,DVD , 日本映画 , 特撮,[DVD],3811円,[60周年記念版] 3811円 ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD] DVD 日本映画 特撮 3811円 ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD] DVD 日本映画 特撮 ゴジラVSデストロイア 60周年記念版 DVD 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 /educatress564998.html,uavbd.com,ゴジラVSデストロイア,DVD , 日本映画 , 特撮,[DVD],3811円,[60周年記念版]

倉庫 ゴジラVSデストロイア 60周年記念版 DVD 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載

ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD]

3811円

ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD]

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

完全生命体デストロイアとゴジラの壮絶な闘いを圧倒的なスケールで描いた、平成ゴジラシリーズの完結作。出演は辰巳琢郎、小高恵美ほか。

ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD]

ゴジラの史を描いた平成vsシリーズの完結編。1954年公開のシリーズ第1作『ゴジラ』へのオマージュ色が濃く、第1作に登場した山根恵美子が同一の役者で登場し、回想シーンでも第1作の映像が使用されている。1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた田中友幸の名前がクレジットされる最後のゴジラ映画です。
公開時に感じたモヤモヤ感が川北紘一特技監督のオーディオコメンタリーで晴れた思いがする。やっぱりあのラストは大森脚本イジってたんですね?当時出てた関連書の中にも指摘があるが実際のラストでは二者の決着はウヤムヤデストロイアの脅威は依然として顕在と思えちゃいますよね。最強最後の敵を道連れにメルトダウンというのが作劇上でもムリがない・・・けど劇場公開から凡そ四半世紀、コレはこれでBESTだったよな。結局、映画作品であると同時にイベント的な色を深めていった平成vsシリーズ。映画を見に行くというより、お祭り感覚で同じ作品に、幾度となく劇場を変え足を運んだ経験はアトにもサキにもこの時代のゴジラだけ。デキることなら今一度、映画館で全作品、観返してみたいものだ。
ゴジラvsメカゴジラが平成ゴジラシリーズの中で個人的に大好きなのですが、vsデストロイアもやはり名作なので購入を決定しました。【Blu-rayとしての評価】vsメカゴジラはあまりBlu-rayの恩恵が感じ取れなかったのですが、vsデストロイアはBlu-rayの恩恵を感じ取れました。おそらく、vsデストロイアは全体的に鮮やかな色彩で描かれているので映像の美しさが際立つのだと思います。香港襲撃のシーンやバーニングゴジラが綺麗に見えました。ただ、ゴジラ映画のBlu-rayは全体的にもっと美しい映像を頑張って目指してほしかったですね!しかし、オーディオコメンタリーなどの特典が充実しているので満足です。やはり撮影の裏話を聞きながら視聴できるオーディオコメンタリーは重要です。(語り手は昨年亡くなられた川北紘一さん。ご冥福をお祈りします。本当に素晴らしいゴジラ作品をありがとうございました。)また、ドキュメントスペシャルも収録されており、昭和ゴジラの貴重な映像や、vsデストロイアの貴重な舞台裏を視聴できます。この特典の豊富さを考えるとやはり60周年記念版よりも圧倒的に価値があります。音声もBlu-rayならではで、聞き取りやすかったです。【作品としての評価】この「ゴジラvsデストロイア」こそ、ゴジラの最期にふさわしい作品です。ゴジラが天に召されていくシーンは今見てもファンとしてグッと来るものがあります。そこからの新たなるゴジラの影、エンドロールへの流れは秀逸です。よくファンの間で「ここで終わっていたら伝説だった」と言われますが、まさにその言葉のとおりだと思います。ミレニアムシリーズにも良さはあるのだと思いますが、90年代ゴジラの迫力には足元にも及んでないと思います。あの重厚感には勝てないでしょう。そしてやはり伊福部先生のサウンドはゴジラ映画必須。最期ならではのいつもより重々しさのあるゴジラのテーマ。名曲メーサーマーチにスーパーX3のテーマ。そしてクライマックスからエンディング...。ゴジラの最期をあらゆる角度から音楽で盛り上げてくれていました。俳優人では、石野陽子がよかったですね。当時は志村けんのコントによく出ててそのイメージがあったのですが、大人になってから見ると、なんとも美しい女優さんでホレました。【総評】やはりゴジラの最期は「ゴジラvsデストロイア」で決まり!当時リアルタイムで観たので余計に思い入れがあるのかもしれません。本当にラストのメルトダウンはグッと来ます。デストロイアも最後の相手にふさわしいダークな存在感と貫禄があり良かったです!何より、バーニングゴジラのかっこよさと悲壮感が半端なく出来上がってます!2016年、アメリカ版に負けじと、ついに日本版ゴジラ復活ですね!今からとても楽しみです!平成シリーズのような重厚感のあるゴジラを期待しております!
大人の鑑賞に堪える堂々たる完結編。54年版の第一作ともつながる一方、平成シリーズの連続性も踏まえ、世界観の構築も深い。第一作のヒロインの孫の世代が、オキシジェンデストロイヤーの使用を合理的に考えたりする描写も、世代が変わればなかなか教訓や悲しみは伝わりにくいものというリアリティを痛感させるつくり。ゴジラの最期も、人類の超兵器でもなく別の怪獣でもなく、自らのメルトダウンによるというところが、納得感が強い。阪神・淡路大震災を経験した大森一樹さんが久しぶりに脚本に復帰し、第一作からの深いテーマ性とゴジラ映画としてのエンターテイメント性を両立させる作品作りに寄与している。個人的には、ゴジラジュニアの運命にかなりぐっと来た。人間のエゴに振り回されるジュニアの運命には考え込まざるを得なかった。